お得に痩身エステを利用する5つのコツ

無理な食事制限や過度の運動しないでも、リラクセーション効果を得ながら痩身効果があるエステは最高の癒しの空間です。
とは言っても料金も料金なので、そうそう頻繁に行くことはできませんね。

そこで今回は、あらゆる痩身エステを格安にお得に体験できるオススメ方法をいくつか紹介していきたいと思います!

 

初回キャンペーンを利用する

これは一番よく知られた、格安で痩身エステを利用する方法かと思います。
しかしなかなかこの1回目のキャンペーンを利用しようと思うには気が引けてしまう部分もあるでしょう。

それはズバリ「絶対に初回だけでは帰ることができない」という不安です。
エステ側もビジネスですから、当然接客マニュアルの一環として、その後のコースの勧誘をしてきます。

最近は過度な勧誘がサロンの口コミに大きく影響するので、昔ほど強引なお誘い文句はなくなりましたが、それでも綺麗なお姉さんから優しく「もっと美しくなりたいですよね?」と言われると、断るに断れない状況は生まれてしまうと思います。

そんなの平気よ!と堂々と断れる人ならいいのですが、断ることができないタイプの人も多いです。

そのような方に、おすすめの断りフレーズがあります。それは、「実は口コミライターをやっています。色々なサロンを取材がてら体験してるところなんです。」

これ効果テキメンなんです!あからさまに接客態度が変わったサロンもありますし、「そうでしたか!」と強引に契約に取り付けようとするのを辞めて、たくさんパンフレットを持ってきて、「よかったら是非取材の参考にしてください。

そして気になったらまたいらしてくださいね。」というふうに言ってくださることもあります。

 

フリーペーパーやビューティーサイトの特典を利用する

初回キャンペーン以外にも、情報誌と提携したサービスに各サロン力を入れています。
駅構内に置いてあるフリーペーパーは必ずゲットしてチェックをし、気になるサロンのクーポンは切り抜いて常にお財布の中に入れています。

さらに最近ではホットペッパービューティーなどの専用サイトも充実してきました。これらはクーポンをスクリーンショットしてカメラロールに保管しておけば、いつでも探さずに割引を利用することができます。

カメラロールの中でサロン専用のフォルダーを作って管理して使えるものはたとえ100円の割引でも使う。これが少しでも痩身費用を抑える地道な努力です。

 

友達紹介キャンペーンを活用する

この制度を使っているサロンも実に多いですね。ここで大切なのは「痩身サロン友達」を作っておくということです。なかなか身近にいないという人もいるでしょう。

何も身近な友達だけが友達ではありません。私は実際にSNSなどで痩身サロンレポを行なっているので、そこでできた友達と情報公開や全国共通で使えるチケットのやり取りを郵送で行っています。

実際には一度も会ったことがない友達です。それでもただ捨ててしまうだけのことが多いお友達紹介チケット。ひと手間かけても本当に欲しいと思っている人にわたる方がいいと思いませんか?

 

フリマアプリを覗いてみる

昨今急激に流行っているフリマアプリ。ここには実にたくさんのエステサロンのチケットが出品されています。

おそらく友達紹介キャンペーンのチケットであったり、株主優待のチケットであったり、サロンからプレゼントされたはいいものの周りにあげる人がいない人が出品しているのだと思います。

普通では1万円以上の痩身コースを、フリマ最安値の300円で出品している出品者さんもいたりして、掘り出し物の宝庫です。是非一度覗いてみてはいかがでしょうか。( 有効期限があるものもあるので、購入する前に注意してくださいね!)

 

株主になってみる

上記でもちょっと触れましたが、親会社が上場している大きなサロンでは、株主になることで株主優待を受けることができます。お気に入りで継続利用をしたいと思っている痩身サロンであれば、余剰資金があれば株を購入することも一つの方法です。

株は大抵100株単位から買うことができて、その株にもよりますが10万~20万円の資金で購入することができます。サロンで使うことができる20%オフのチケットや関連商品のプレゼントなど、エステ好きにはたまらない特典がたくさん付いてきます。

さらにその株の株価が上がれば、現金での儲けも出るというおいしい話です。冒険できるお金がある人は試してみるのも良いと思います。(当然損失がある得ることも念頭に入れてくださいね・・・)

 

以上、 痩身エステをお得に利用するコツをいくつか紹介してきました。

いろんなサロンを試してみたい人も、一つのサロンにじっくり通いたい人も、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ