EMSとは?その種類や効果・時間について

ems

自分なりのダイエットや食事制限など、様々なことで痩せようと頑張っている方も恐らく少なくないことでしょう。
しかしどんなに努力をしてもお尻や太ももなど、どうしても痩せづらい部位というものがあります。

そのような部位をケアするために痩身エステを検討することもあるかもしれません。
そんな痩身エステで昨今よく用いられているものにEMSがあります。

多くの痩身エステサロンで導入されているこのEMSですが、一体どのようなもので、どんな効果が期待できるのかわからない方も恐らく多いでしょう。

まずEMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略称です。Electrical、つまり電気の力を使ったマシンのことであり、体に微量の電気を流すことで筋肉を刺激し、強制的に動かすことができるというマシンです。

もともとはリハビリやアスリートのトレーニングに利用されていたものですが、昨今その効果から痩身でも活用できるのではないかということで多くのサロンが導入しているのです。

横になっているだけで普段使わない筋肉をしっかりと動かしてくれるため、運動が苦手という方でもケアをすることができるというのは非常に魅力的でしょう。

一説には30分のEMSで一般的に運動した際の運動量の6倍以上になるともいわれているなど、その効果には確かなものを感じることができます。

 

EMSマシンの種類

EMSと一口にいっても、その種類やマシンには様々なものがあります。
例えば低周波EMSと呼ばれるものは文字通り低周波を使うもので、特に外側の筋肉に作用しやすいといわれています。
低周波があるということは、もちろん高周波EMSも存在しており、こちらはインナーマッスルまで作用してくれます。
低周波EMSよりも違和感を感じづらいという話もあり、こちらのほうが好みであるという方も少なくないようです。

また、この2つを組み合わせた干渉波EMSというものもあります。
これらのEMSはマシンによってはすべて対応しているものがあります。もし好みのものがあるのであれば、サロンによって異なるマシンを使用しており、
そのマシンの中にはEMS以外にもラジオ波やダイオードなどが使えるものもあるため、どのようなEMSマシンを使っているのか事前に確認しておくと良いでしょう。

 

EMSは部分痩せの効果にも期待できる

普段使わない筋肉に作用することはわかったけれど、それでどのような効果がえられるのかまではいまいちわからないこともあるかもしれません。

まず、筋肉を鍛えることによって痩せやすい体になることができます。これは筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がるためであり、基礎代謝が上がると消費エネルギーが増えるため、太りづらくなるという効果も秘めています。

もう一つ、EMSによってインナーマッスルを鍛えることで、体のバランスを整えることができます。体というのは内側の筋肉によって支えられているため、その筋肉を鍛えることで体を引き締め、しなやかで美しい体を目指すことができるのです。

お尻や太ももなど部分的にケアをすることもできますから、部分痩せ効果も期待できるでしょう。

 

EMSでかかる時間や注意点

そんなEMSは一回あたり30分が目安であるといわれています。これはあくまで一箇所の時間なので複数箇所行うとなるともう少し時間がかかりますが、一箇所のみであればちょっとした時間に行うことができるでしょう。

EMSは電気を使用するため、ピリピリとした刺激を感じやすい方もいらっしゃいます。また、ペースメーカーを使用していたり、妊娠中であったりする場合はEMSを使うことができません。施術箇所に傷があったりボルトなどの金属が入っていたりといった場合も受けることができないため、カウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

EMSを使ってボディラインを整えるだけでなく、太りづらく痩せづらい体も目指したいものですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ