しつこいセルライトも落とす効果が見込めるキャビテーションの効果

キャビテーション

ただ体重を落としたいだけであれば、食事制限をしたり運動を習慣化するだけである程度実現が可能です。

もちろん、年齢によって代謝機能が衰えることで減り幅が減少してしまったり、目標体重達成まで時間がかかることもありますし、
停滞に悩むかたも多いでしょう。

しかしながら、摂取カロリーを適切なものに整え、摂取した分を消費するように努めることができれば、自ずと適性体重に近づけていくことは可能です。

しかし、体重を減らすことに加えてスタイルを整えていくことを目標にしている場合、セルフケアでは更なる努力が必要になります。

食事調整や運動だけでは部分痩せがなかなか難しく、せっかくダイエットができても理想的な体型を手に入れることは難しいのです。

だからこそ、痩身エステが手助けになります。素人1人では困難でも、高い効果を得ることができるさまざまな施術を受けることが可能ですし、目的に合わせた方法を選んで体型を整えていけます。

中でも部分痩せや、体重が落ちても脂肪が残りやすい、下半身太りの解消には欠かせないセルライトの除去に高い効果を発揮するのがキャビテーションです。

キャビテーションはエステで行われている痩身施術の1つで、超音波を使って体内の脂肪細胞に働きかけて排出を促す作用があります。

脂肪排出方法として、脂肪吸引がありますが、こちらはメスを使って患部を切り開いて直接脂肪を取り除くことになるため、身体に負担がかかったり傷口が残りやすいのが問題でした。

一方のキャビテーションでは身体を傷つけることは一切なく、超音波による振動で脂肪を分解させる施術となります。

手術のように大掛かりなものではなく、身体にも負担がかかりにくいことで、女性を中心に支持を集めているダイエット法です。

元々、人間の細胞というのは1つ1つが液体の中に浸かっている状態になっていて、ダイエットの大敵である脂肪もそれは同様です。

キャビテーションではそんな脂肪に1秒間に数万回という振動を与えることで熱を発生させ、その液体に気泡を生じさせては消滅するという現象を繰り返させます。

この運動が起こる際の衝撃によって脂肪細胞を分解させ、柔らかくし、セルライトのように固まって落ちづらくなってしまったものまで排出されやすい状態に変化させられるのです。

それほど大きな現象が身体にとってどういった影響を与えるのか心配する声もありますが、必要な部分に超音波を当てるのみですし、
あくまでも脂肪細胞に働きかけるものですから、血管や筋肉、それに内臓といった器官に作用を及ぼすものではありません。

まして、切開をせず薬品も使わない痩身エステですので、安全性の高さで言えば美容外科よりも優れています。

脂肪細胞を排出しやすい状態にすることができ、なおかつ太腿や二の腕、腰まわりなど、キャビテーションは集中的に施術を行えることから、部分痩せが可能となっているのが特徴です。

もちろん、エステを受けただけではあくまでも脂肪を取り除きやすい状態に変化させることに留まりますから、運動やマッサージなどによって代謝機能を高めること、脂肪を溜め込まないように生活習慣を改めることによって、初めてダイエット効果を得ることができます。

ただ、セルフケアでは難しいセルライトにアプローチができますので、痩せるだけではなくプロポーションを整えたいかたにとって助けになる施術です。

キャビテーションは肥満の原因となる脂肪細胞を分解し、数を減らすことができるため、リバウンドをしにくいという大きなメリットもあります。

効果が実感できるまでには個人差がありますが、回数を重ねることで身体の変化を感じていくことが可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ